「リサイクルショップへ引越し依頼で失敗。」

引っ越しの体験談

当時付き合っていた男性と結婚を前提に同棲することになり、一人暮らしのマンションから引っ越した時の話です。
二人で住むにあたって、私と彼氏はそれぞれ、自分が使っていた古い家具をいくつか処分することにしました。
はじめはアート引越しセンターなどの引越し専門業者に作業を依頼しようと思っていたのですが、あるとき近所のリサイクルショップで引越しも請け負っていることを知りました。

そのリサイクルショップで引越しを依頼すると、引越し時に不用品を買い取ってくれるというのです。
引越し料金もお手頃だったので、家具の処分に困っていた私たちはそのリサイクルショップに引越し作業を依頼することにしました。
普通の引越し専門業者と同じようにダンボールや梱包材ももらえましたし、引越し作業はリサイクルショップの店員さんではなく、引越し作業を専門とした社員が行うと説明を受けていたので、私たちは特に何の心配もしていませんでした。
しかし引越し当日、いざ作業が始まると、荷物の運び出しの時に床に保護シートは敷くが壁の養生はしないし、家電の扱いも雑・・・・・・。
引越し先のマンションは、建物自体は古いですが、室内はわざわざデザイナーさんに依頼してリフォームしたばかりという、新築同然の真っ白でおしゃれなお部屋。
大家さん自慢の物件でした。
万が一傷でも付けられたらどうしようと不安になり、引越し先では特に、注意して欲しいと作業スタッフに伝えましたが不安は的中。
引越し先のマンションで、二人で運ぶサイズの洗濯機を、若いスタッフが無理に一人で運んで落とし、床に大きな傷をつけてくれました。
しかも、落としたスタッフはそのまま洗濯機を設置して誤魔化そうとしていました。たまらず私が「今、洗濯機落としましたよね?」と言うと、苦笑いしながら「あー、そうですね」と、ようやく謝罪。
私はそれまでに数回の引越しを経験しており、それぞれ違う引越し業者に頼んできましたが、こんなひどい引越しは初めてでした。
やはり、引越し専門業者のスタッフは、たとえアルバイトでも「引越しのプロ」なのだなと痛感。
それ以降の引越しは、値段が多少高くても、必ず引越し専門の業者に依頼するようにしました。

節約家の方はこちらも見ておいて下さい。>>安く引っ越しをするコツまとめ

カテゴリー: 体験談   パーマリンク

コメントは受け付けていません。