「京都市内で大阪に通いやすい場所へ引っ越し」

引っ越しの体験談

京都の大学に通っていて、大阪の会社に就職したので大阪に引越そうかと思いましたが、京都が気に入ったこともありそのまま京都に住むことにしました。しかし大学時代は大学の学生寮だったために卒業とともに出ることになり京都市内の別の場所に移り住んで大阪の会社まで通いやすいところに引っ越すことにしました。

あまり荷物がなかったことと、同市内での引越しなので自力で家族に手伝ってもらってすることにしました。

実家から車をもってきてもらって2回ほど市内を往復して半日ほどで運び込めました。同じワンルームからワンルームなので感覚的には変化はありませんでしたが寮だと知り合いばかりが周りにいましたが、一般のマンションなので隣の人ですら一度も顔を合わすこともありませんでした。

引越しは1階から2階だったので大型のものがあればたいへんでしたが冷蔵庫とコタツぐらいだったので助かりました。寮に洗濯機やベッドなどが備え付けてあったので運ぶ必要がありませんでした。
そのかわり新生活のために新しく買う必要がありました。ほぼ同じ大きさの部屋から部屋だったので荷物もあまり考えなくても新しい部屋におさまりました。

気をつけていたのは一番大きなコタツや冷蔵庫が通路を通るかぐらいでした。やはり大きな荷物がサイズで運べるかどうかは見ておかないといけないと思います。自力ながらも無事に引越しも終わり新生活もスムーズにスタートしました。

節約家の方はこちらも見ておいて下さい。>>安く引っ越しをするコツまとめ

カテゴリー: 体験談   パーマリンク

コメントは受け付けていません。