「単身パックでは自転車は対応できませんでした。」

引っ越しの体験談

以下では私が初めて最初から段取りした引っ越しについて書きたいと思います。
仕事の都合で6月に東京から関西に引越しをする事になったのですが、独身だったので引越し費用はそんなに掛からないであろうと思っていました。

しかし、自転車も一緒に持っていきたいと希望したら、たちまち各業者が提供する単身パックと言うプランでは対応できず高額プランとなってしまいました。
結局、クロネコヤマトと日通の双方から見積りを取って7万円の提示をした日通の方が安かったので日通と契約しました。
引越し当日までに日通から渡されたダンボールに細かい物を詰め込んで、テレビとか他の色々なものは業者の方が梱包してくれたので当日の作業はとても楽でした。
そして現場で7万円をお支払いして家を引き払ってから新幹線でそのまま関西に向かい、荷物が届くまでしばらく関西の実家で待機しました。
実際の引越しの流れは上記の様なものですが、ただ一つ失敗したなと思った事があります。
実は日通と契約した事を会社の休憩時間に一緒に仕事していた人に話したのですが、その人が言うにはクロネコ以外の業者にも見積りを取るべきだったとの事でした。
なんでも、日通に強いライバル意識を抱いている会社があるとの事で、その人が以前そこに頼むとかなり安くなったとの事でした。
なので、引越しする際には思いつく限りの引越し業者をリストアップして各社に見積りを取る他、周囲にどの業者が良いか聞いてみるというのがお勧めです。

節約家の方はこちらも見ておいて下さい。>>安く引っ越しをするコツまとめ

カテゴリー: 体験談   パーマリンク

コメントは受け付けていません。