「友人に手伝ってもらってかかった費用」

引っ越しの体験談

学生の頃の単身引越しの体験談です。大きな家具があった訳でもなく、同じ市内への引越しという事もあり、業者には依頼せず、友人に頼み引越しを手伝ってもらいました。

引っ越した時期は、春頃。新しく、専門学校に入学する際に、学校の近くに引っ越しました。
間取りは、1Kです。部屋は広めで、収納も沢山あるお部屋です。

まず、前日の準備で箱詰は終了させました。ダンボールの見える所に、入れたものを記載して、分からなくならない様にしました。

当日は、友人に車両を借りてもらい昼の1時に部屋に来てもらうように頼みました。
それまでの時間に、お世話になった部屋をピカピカに掃除して、大家さんに確認してもらいました。

新居に移動し、ダンボールを部屋に置いてもらうのですが、あまりにも友人の手際が良く、早く終わりそうだったので、箱の中身を出し、部屋に配置してくれる所まで、手伝ってくれました。

プロの業者に依頼した経験もありますが、それにも劣らない動きをしてくれました。
それどころか、すぐにでも、部屋が使える様にまでしてくれたので、本当に感謝の気持ちで一杯でした。

掛かった費用は、車両代(軽トラック)で5,000円程度と、友人への謝礼として、焼肉代、自分込で3人分10,000位でした。計15,000円です。
楽しかったですし、最後は皆でご飯もできて、大満足でした。

節約家の方はこちらも見ておいて下さい。>>安く引っ越しをするコツまとめ

カテゴリー: 体験談   パーマリンク

コメントは受け付けていません。