「海外へ単身赴任。EMSと自己運搬。」

引っ越しの体験談

社会人三年目になって海外での2年間の駐在が決まり、日本から中東の国への引越しをしました。単身での引越しでしたが身の回りのものを全て海外発送しなければいけなかったので、なかなか大変な作業でした。

すぐに使わない身の回りのもの、例えば季節はずれの洋服などはEMSというサービスを使いました。郵便局で受けてくれるサービスで重さ単位で海外への発送が可能です。私は大きなダンボール三箱で計60キロほど送り5~6万円ほどかかりました。
EMSは船便やその他速達サービスと比較して運搬にかかる日数、費用、安全性などを考慮して選びました。ただし、関税や法律的に国によって発送できないものなどがあるので注意が必要です。
後は大きなスーツケースとボストンバックにつめて自己運搬をする必要がありました。持ち込み荷物重量が超過してしまったので追加料金を1万5千円程度支払いました。高額な追加ではありましたが、パソコン周りの精密電子機器をEMSなどで送ると破損の危険性と通関時に課税対象になってしまうことがあるので注意が必要です。

節約家の方はこちらも見ておいて下さい。>>安く引っ越しをするコツまとめ

カテゴリー: 体験談   パーマリンク

コメントは受け付けていません。