「結局壁に数か所傷をつけてしまいました。」

引っ越しの体験談

今年の2月に実家を新築に建て替え、それまで私が暮らしていた近所のアパートから引っ越しました。

引っ越しには業者には頼まず、親戚や友達に来てもらい、私の指揮のもと作業してもらったのですが、最近は皆一度は引っ越しを経験しているもので、なんだかんだノウハウを持っており、皆の知恵と力を出し合っての引っ越しになりました。

業者に頼むほどでもなかったように思います。半日とちょっとで運び込みは終わらせました。
新築の間取りを決める際に、新居でも使う予定の家具がぴったりと収まる間取りにしてもらっていたので、引っ越し当日も置く場所がわからないから、とりあえずそこに置いておくというような手間がいらず、どれから運び込むかだけ順番を決めておけば良い話でした。

それでも苦労したのはやはり2階に大型家電や家具を運び込むのは骨が折れました。
2世帯なので上と下で冷蔵庫も一つずつ、洗濯機も一つずつでした。業者ならうまくきれいにやってくれるのでしょうが、この点素人集団だと何人いても危なっかしく、結局壁に数か所傷をつけてしまいました。現在は私のお気に入りの絵画を飾って隠しています。

知り合いに引っ越しを頼むときに気をつけたいのは、もし、手伝ってくれている人が家を傷つけてしまったときのケアでしょうね。その人は家が新築ならすごく落ち込むでしょう。そんな気を遣わせないためにも、しっかり養生と少々傷ついても大丈夫ですと前もって言っておいてあげることが大事だと思います。

まあ、苦労したのはそれぐらいで、その後、業者に払う分ぐらいの費用でみんなで打ち上げに行きました。なかなか楽しい引っ越しでした。

節約家の方はこちらも見ておいて下さい。>>安く引っ越しをするコツまとめ

カテゴリー: 体験談   パーマリンク

コメントは受け付けていません。