ワレモノ注意!引越しで食器を荷造りするときのコツ

引っ越しの荷造りでもっとも面倒なのが食器ですよね。一人暮らしならまだしも、家族みんなの茶碗やコップ、マグカップなどとなると量もかなりのものに。
思い出のグラスや高価なティーセットがもしも割れたらどれだけ悲しいか…

慣れない自分たちで梱包するよりも、いっそプロに頼んだ方がいいかもしれません。
たとえばアートのエコ楽ボックスなど、食器専用の梱包資材を借りてもいいですね。
専用のケースに入れるだけなのでゴミも出ませんし、梱包も簡単です。

ケースが借りれなくても、自分で古新聞やタオルを使って丁寧にくるめば、費用もかかりません。きちんとやれば、まず失敗することはありません。

ポイントとしては、食器などの割れる危険性のあるものは小さなダンボールに入れること。
重い物が多いので、あまり大きいと底が抜ける可能性があるからです。
ダンボールの底にはバスタオルを敷きましょう。
物の間には古新聞をつめて、動かないようにすれば大丈夫です。
食器同士が直接触れないように気を付けて下さい。ダンボールを揺らしたときに、カチャカチャと音がなるようではNGです。
引っ越し時に中の食器が割れてしまっても、ダンボールにへこみなどの破損がない場合は保証の対象外になってしまうこともあります。

ダンボールには、目立つ場所に中身について、ワレモノ、上積厳禁など注意書きを書いておきましょう。
赤いマジックなどでできるだけ目立つように書きましょう。業者に言えばワレモノシールももらえるはずです。
もらえなくても、ダイソーなどの100円ショップで手に入ります。われもの注意と書かれた赤いガムテープなんかもありますね。

節約家の方はこちらも見ておいて下さい。>>安く引っ越しをするコツまとめ

カテゴリー: 注意点   パーマリンク

コメントは受け付けていません。