縁起の悪い月、日取りに安心して引っ越す方法

やはり縁起の良い大安が人気です。特に荷入れの日を大安にするひとが多いです。
また、1月に引っ越すのは縁起が悪いと聞いたことがあるのではないでしょうか。

「正五九月」といって、1月、5月、9月には結婚を避けたり、厄払いのために神社仏閣にお参りをするようにいわれています。
引っ越しも縁起が悪いといわれます。地方によっては他の月のことも。稲刈りなどで忙しい時期なので引っ越しなどは他の時期にするようにという考えからとも言われ、現在では気にする人も減っています。

気になるなら、お祓いをしてもらったり、神社にお参りに行けばいいでしょう。
1月になるまえに先に荷物を一部だけでも運び入れて、その日を引っ越し日として縁起の悪い日取りを避けるという方法もあります。

縁起の悪い月や、仏滅などは引越しするひとが少ないため、業者にかかる費用も抑えられます。
あえてそういう日を選んで、その前の大安の日に荷物を一部入れておけば、節約もできて縁起もクリアできますね。

気にする人は布団を持ち込んで一泊する人も。
持ち込む物は、家族のつかっている茶碗や洋服、靴などの愛用の品にするといいでしょう。
オモト(万年青)という植物も、昔から最初に持ち込むと縁起がいいと言われています。
地方によっては何か決まった物があるかもしれませんので、年長の親戚の方に聞いてみてもいいですね。

節約家の方はこちらも見ておいて下さい。>>安く引っ越しをするコツまとめ

カテゴリー: 基礎知識   パーマリンク

コメントは受け付けていません。