転勤があるなら持ち家よりも賃貸のほうが得ですか?

転勤がある職場の場合には、持ち家を持つよりも賃貸に住み続けるほうが得でしょう。
事業所が狭い地域に集められていて、異動も転居を伴わないのなら話は別ですが、引越しの可能性があるのなら、家を買うのはリスクが大きいかもしれません。

自宅を購入したのに異動を命じられた場合に選択肢は2つあります。
1つ目は、家族は自宅に置いたまま本人だけ単身赴任する方法です。
この場合は、住宅ローンと単身赴任用の住まいの家賃とが二重にかかります。
経済的に大変な負担です。
また、家族が一緒に住んでいないと扶養手当がつかない場合があります。
家族が別れて住めばそれだけ経費がかかるのに、収入が目減りしてしまうのです。

2つ目は、家族を連れて赴任する方法です。購入した自宅は、賃貸に回すことになります。
住んでいなくても住宅ローンはかかります。
賃貸で得られる家賃収入をローンの支払いに充てることはできますが、
固定資産税など税金分まではとても賄いきれないでしょう。
また、再び異動命令が出て自宅に戻れることになったとしても、
貸している相手がすぐに出て行ってくれるとは限りません。

節約家の方はこちらも見ておいて下さい。>>安く引っ越しをするコツまとめ

カテゴリー: 基礎知識   パーマリンク

コメントは受け付けていません。