遠慮せず、たくさん「見る」ことが大事!お部屋探し成功のために

引っ越しの体験談

私が友人との同居を解消し、一人暮らしを始めるために引越し準備を始めたのは、ある年の瀬でした。
ネットで様々な賃貸サイトを見、実際に足を運んだ不動産屋さんは4店ほど。

あらかじめ目を付けていた物件はもう契約済みになっていたり、不動産屋さんの雰囲気が気に入らなかったりと、なかなかすんなりとはいきませんでしたが、「この路線沿い」「家賃上限は○円」「駅から徒歩○分以内」など、自分にとっての譲れない条件をしっかり提示したのが良かったようです。

また、ハイシーズン前だったので不動産屋さんとじっくり話ができたのも良かった点に挙げられると思います。
部屋を実際に見せてもらったのは6部屋。4部屋目が気にいったのですが念のため、と、他の不動産屋で2部屋みせてもらいましたが、やはり4部屋目がいいと判断。しかし、後悔のないように気になる部屋を全てチェックしたことも、部屋さがし成功のポイントだったと思います。

これからお部屋探しをされる皆さまも、「こんなにたくさん見せてもらって申し訳ないかな…」と思ってしまうかもしれませんが、ご自分の快適な生活の為にも、資料も実際のお部屋も、たくさん見て比べて選ばれることおすすめします!

節約家の方はこちらも見ておいて下さい。>>安く引っ越しをするコツまとめ

カテゴリー: 体験談   パーマリンク

コメントは受け付けていません。